2013年01月16日

攻殻の新作アニメ『ARISE』

ついに発表になりました。

攻殻機動隊のアニメとしては、押井監督の劇場版 『攻殻機動隊』 や 『イノセンス』、 神山監督のTVアニメ 『攻殻SAC』 『攻殻SAC 2nd GIG』 『攻殻SAC SSS』 などなど製作されてきましたが、装いも新たな新作が製作決定したようです。(ソース:月刊ヤングマガジン 2月号
攻殻機動隊 ARISE

攻殻機動隊 ARISE

実は昨年、こちらのサイトの冲方丁氏の手帳の写真の2011年3月のスケジュール部分に 「攻殻プロット」 という文字が見て取れていましたので、多少の情報リークはあったようです。

そんな冲方氏が構成・脚本、そして総監督がI.G畑の黄瀬氏ということで、 過去のTVアニメ 『攻殻SAC』 シリーズとは異なる解釈での 『攻殻機動隊』 アニメとなりそうです。 タチコマやフチコマ、さらに公安9課も一切登場しないかもしれませんね。原作2巻のような素子サイドのストーリーかもしれません。 想像は膨らむばかりですが。

ちなみにこの情報は月刊ヤンマガに袋とじとして掲載されているのですが、そちらのページになにやら小さい文字で英文が。 よーく読むとこれ、座標幾何学の 「象限(quadrant)」 の定義と 「異符号(opposite sign)」 の定義の英文を単に記述しているだけなんですよね(参考サイト)。 雰囲気重視でなんとなくカッコイイ英文を書いてみたかった? もしそうだとするとよっぽどの厨二病ですねハハ(邪心)。 ひょっとすると攻殻ARISEのストーリーの核心を突く文章なのかもしれません…

ま、余談はこれくらいとして、この 『攻殻機動隊 ARISE』 の製作発表会が来月2月12日(火)に実施されます。 ライブ配信もあるようなので、当日を楽しみにしてましょうか。

…でも私個人的には、IGが作るスカしたオシャレな攻殻よりも、もっとコミカルな要素もある原作寄りな攻殻が観てみたいですね。

タグ:攻殻機動隊
posted by sTwo at 03:32 | Comment(2) | 攻殻機動隊

2010年11月23日

攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D

本日11月23日は、士郎正宗氏49回目のお誕生日です! おめでとうございます〜! これからも新旧ファンの心をワクワク・ヤキモキさせて頂けるようお願いします!

というところで話は変わりまして、 TVアニメ版攻殻機動隊、SACの三作目である 『Solid State Society』 が、 なんと3D立体視作品として劇場公開されることになったそうです。
101123a.jpg

  • 攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D
  • 公開日: 2011年3月26日(土)
  • 上映館: 新宿バルト9ほか 全国ロードショー
  • 公式サイト
  • 公式ツイッター
さぁさぁ、どうなることやら。
あのオリオン3Dみたいな自体にならないことを祈ります(苦笑)
posted by sTwo at 03:11 | Comment(4) | 攻殻機動隊

2010年04月06日

攻殻機動隊クリアファイル

【情報補間記事】

コミック 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

  • 2010年04月06日発売
  • 著者: 衣谷 遊
  • ISBN: 978-4-06-375893-1
  • 定価: 990円(税込)
  • 出版社: 講談社
Amazonで購入!


「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」1巻のオビと、4月14日に発売される月刊ヤングマガジン5月号(講談社)に付く応募券の計2枚を送ると、士郎正宗のイラストをデザインしたクリアファイルが応募者全員にもれなくプレゼントされた。 100406b.jpg

posted by sTwo at 00:00 | 攻殻機動隊

2008年06月10日

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0

一か月ぶりのご無沙汰です。 でも士郎氏には直接関係ない話(苦笑)

1995年に公開された押井監督の映画 『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』 が、 GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 リニューアルされて劇場に帰ってくるそうです(ヒロ。☆さん情報サンクス!)。
ニュースソースによると、

とのこと。
音響は押井監督の 『アヴァロン』 や 『イノセンス』 に引き続きランディ・トム、スカイウォーカー・サウンドの構成で再編されたのはいいのですが、 人形使いの声優を変更してアフレコし直したことには驚きですね。 いくら押井氏が榊原良子を好きだからといって(笑)

タイトルも 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』 と 2.0 が付き、7月12日(土)に特別限定で劇場公開です(上映劇場:新宿ミラノ札幌シネマフロンティア名古屋ピカデリーなんばパークスシネマ福岡ユナイテッド・シネマ・キャナルシティ13)。 劇場の大スクリーンで観たい方はぜひ。

(C)1995・2008 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMNET
posted by sTwo at 00:00 | 攻殻機動隊

2008年04月17日

ハリウッドの攻殻機動隊は?

さてさて、最近ネットをにぎわしている 「ドリームワークスによる攻殻機動隊の3D実写映画化」 のお話。 えっと、正直どうでもいいです(笑)
スピルバーグは個人的に惚れ込んだだけで監督をやるわけでもないですしね(´ー`)

そして映画化、といっても、おそらく士郎氏の漫画の攻殻機動隊ではなく、押井版の映画・攻殻か、または神山版の攻殻 SAC のどちらかを基準としたハリウッド映画化でしょう。 士郎氏の原作漫画が欧米で人気だという話は聞いたことないですし。 今はせいぜい SAC でしょうなぁ。 といっても電脳の世界を中心とした舞台背景のみが脚本に採用され、登場するキャラクターやメカ物の名称は一切採用されないと思います。 そしてハリウッドは採用する俳優の人種の割合にうるさいですから、私の予想としては・・・

  • メスゴリラ ・・・ 白人女性
  • 刑事上がりの新人君 ・・・ 白人男性
  • 軍隊上がりの古株 ・・・ 黒人男性
以上がメインキャストですね。 そして白人女性と白人男性のラブストーリーを含ませつつ。 ちなみにモトコやバトーなんて名前は多分使用しないでしょう。 メカ物も、原作ファンならフチコマを! と思いますが、はっきりいって今の市場では 「フチコマってなに? タチコマじゃないの?」 なのでフチコマは 99% 登場せず。 かといってタチコマも実写映画の中では(人型ではないので)違和感があるので 80% 採用されず。 せいぜい、ラストのボスとのクライマックス戦闘で、ランドメイトのような人型ロボットが出てくるのみ、と想定されますな。

さぁこの私の予想がどこまで的中するかな?
というか、本当に完成するのか!?(苦笑)

posted by sTwo at 00:00 | 攻殻機動隊
▲このページの先頭へ