2013年06月23日

攻殻機動隊ARISE公開中、ネットでも有料配信中

さてさて、

攻殻機動隊ARISE 先日22日(土)から各地劇場にて公開中の 『攻殻機動隊ARISE』 ですが、皆さんはご覧になりましたか? 近所に上映館がないという方は、以下の有料配信サイトでも視聴可能ですので是非この機会に。

攻殻機動隊ARISE とは、攻殻の主人公・草薙素子が少佐ではなくまだ三佐と呼ばれていた頃、荒巻部長率いる公安9課に所属する前のお話です。 劇場上映されていますが 「映画」 という位置付けではなく 1話1時間程度のオリジナルアニメで、全4話が予定されております。 今回の第一話 『border:1 Ghost Pain』 に続く第二話 『border:2 Ghost Whispers』 は今年11月30日公開予定とのこと。 まだまだ先は長いですが楽しみに待っていましょう。

さて劇場で既に観たという方、一回観ただけでは恐らく物語の全容から細部にわたって色々と把握できなかった点が多かったと思います。 そんな方は是非再度劇場に足を運ぶか、劇場で先行販売されている BD を購入するか、または上記の有料ネット配信を利用するか、はたまた来月一般販売される BD を待つか、いずれかで見返して何度もストーリーをソシャクしてみて下さい。

>> Amazonで BD / DVD を予約する!

攻殻機動隊ARISE
画像は、左:劇場でもらえる「新浜日報」(数量限定)、右上:同じく劇場でもらえる冊子「攻殻機動隊ARISE MANUAL BOOK」(数量限定/96ページ)、右下:劇場限定販売BDに同梱されている特典「攻殻機動隊ARISE border:1 シナリオ」(数量限定/32ページ)、です。

特にこのシナリオには、作中の画面で表現されていない情報まで文章として記述されていますので、作品鑑賞後にこのシナリオを読むと 「あのシーンはこうだったのか!」 と驚かされ、もう一度映像の方を観ると細部で表現されている(らしい)種明かしの演出に気付くかもしれません。 そもそもの事件であるマムロ中佐を殺害した犯人もきちんと明記されていますので、このシナリオを入手された方はぜひ隅々まで堪能してみて下さい。

 

以下はネタバレとまでは行かないちょっとした小ネタ。
攻殻機動隊ARISE ツムギ
素子の義体のチューニングやメンテナンスを担当しているツムギ(紡)。 この真っ赤なボディの妙なサイボーグ、実は一卵性双生児の二人の脳を持っており、 右の脳が喋っている時と左の脳が喋っている時で口調が異なっています。 どっちが右でどっちが左か?というと、喋っている時は頭の側面にある複数の突起がピコピコと動いており、それが左右どちらが動いているかで区別をつけることが出来ます。 これから劇場等でご覧になる方は、ぜひ頭の突起に注目してご覧になってください。

ちなみにこのツムギの声優さんである野島健児さんは、ナイトライダーのKITT役で有名な野島昭生さんのご子息だそうです。 電子ボイス的な役割を親子二代で担当されているのはなかなか興味深いですね。

 

そしてこのシーン、
攻殻機動隊ARISE
原作の攻殻機動隊2のこのシーンに似てません? 似てませんか、そうですか・・・

posted by sTwo at 23:03 | Comment(2) | アニメ
この記事へのコメント
攻殻機動隊2の彼らを連想しちゃいますよね。
Posted by at 2013年07月02日 22:22
やっぱり!?
Posted by sTwo at 2013年07月03日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲このページの先頭へ